安達 広明 photo

安達 広明

マネージャー


ベインの“結果主義”アプローチとそれを実現する人材


【バックグラウンド】
東京大学工学系研究科・技術経営戦略学専攻を卒業後、ベインへ入社

【参画動機】
私がベインを選択したのは、「結果主義」というベインの強い信念と、それを体現するベインのコンサルタントの姿勢に強く惹かれたからです。

私は学生時代、研究や就職活動等を通して様々な業界で働く社会人の方にお会いする機会に恵まれました。そこで気付いたことは、業界トップクラスの企業の多くは素晴らしいビジョン・経営理念を持っているという事実と、しかしながらそれを社員一人ひとりが理解・共感し、自分の言葉で語ることができるレベルにまで浸透している会社はとても少ない、という事実でした。そしてベインはそのような数少ない会社の一つでした。

「コンサルタントはクライアント企業の「結果」を最優先に考え、そこに命を懸けるもの。ベインの「結果主義」のコンセプトは非常にシンプルで力強いものだが、それを愚直に体現するのは決して容易な事ではない…しかしそれ故に刺激的でもあり、実現したときの達成感や社会的インパクトは計り知れない」。自身の経験を元に生々しく語るベインのコンサルタントの姿が、当時の私に強い衝撃を与えました。このような人に囲まれて仕事が出来たら、さぞかし楽しいだろうという単純な思いから、ベインへの入社を決めました。

【ベインでの生活】
高いモチベーションを維持できる素晴らしい環境の中で、常にクライアントの「結果」について考えながら仕事をしています。

入社して数年経ちましたが、有難いことに仕事に飽きるということはありません。常に新しく困難な経営課題の解決に取り組まざるを得ない状況というのはコンサルタントという職業の嬉しい宿命ではあるのですが、それに加えて特にベインでは、経験を積むにつれて常に自分の身の丈を少しだけ越えた、新しい役割を与えられ続けるからです。良い意味で「楽をする」ことが許されず、上司のサポートの元で日々新しいことに挑戦し続けています。

【ベインへの入社を考えておられる方々へのメッセージ】
ベインでは様々なバックグラウンドを持つ人達が働いています。人種、性別、国籍、育った環境、学んだ学問領域…本当に色々ですので、社員一人ひとりの興味の対象や日々の行動パターン、発想なども全く異なるのです。しかしひとたびプロジェクトが動き出すと、それまでバラバラだった社員が「クライアントの結果のために、我々に出来ることは何か」ということを考え始め、違う方向を向いていたチームメンバーが徐々に一つのモノを追いかけ始めるのです。

それぞれが個性を生かしながら、クライアントの「結果」のために一つになる。そんなベインのやり方に興味を持たれた方は、是非ベインの選考プロセスにご応募ください。皆さんのベインへの参画を楽しみにしています。